借り入れする時は詐欺に注意した方がいい?

 

 

今、キャッシングやカードローンの業者は一時対前に比べて国から少し厳しい制限を掛けられています。

 

たとえば、金利です。以前は「利息制限法」と「出資法」の二つの法律のどちらに従うべきかあいまいな点があって、多くの業者は年率29.2パーセントまで可能は出資法で金利を決めていました。が、今は「元金100万円以上ならば、15パーセントまで」などとする利息制限法に従うように指導されています。

 

また、返済が滞ったときの請求に関しても厳しい法律上の決まりがあります。早朝・深夜の訪問や電話が禁止されていたり、近所や職場にその人に借金があることを広めることも禁止です。

 

が、そういった法律などに従わない業者がいます。いわゆる「ヤミ金」です。

 

よくあるのが、「無審査でお貸しします」というものです。これなど、よその業者で契約を断られたような人は飛びつきたくもなるでしょう。

 

が、「無審査」とは「返済能力がゼロの人でもお金を貸す」ということです。実際に返せなくなると、力ずくでも奪っていくのは目に見えていることです。

 

こういった業者は、社名からしてどこか大手の信用ある企業の系列会社と誤解するものを使っていることがあります。ホームページのデザインや社名のロゴまでそっくりにしていることもあります。

 

ヤミ金は取り締まりにあっても、あの手この手でくぐり抜けるようなことをしています。かかわりあわないのが一番です。

 

また、ヤミ金に引っかかって苦しんでいると、「お助けします」といって近づいてくるような業者もいます。これもまた相手とグルのことも多いので、さらにむしり取られるだけになるでしょう。